初めての居留介護で気づかされたことといった決心した実例

今日から身寄りの居住介護が始まりました。
左側半身が麻痺しておるおとうさんの居住介護は思った以上に大変です。
今まで正当に感じていたことも歯止めを有する個人が生活するには不便なことが沢山あるという気づかされます。
ふとした段差もあるくのは一苦労。。外部をあるくときは垣根が多すぎて驚きます。
肩に痛苦を感じてからきし眠れないおとうさん、マッサージを夜な夜な付き添いながらやる女子をみて
何もできない自分に不甲斐なさを感じます。
気が利くおとうさんは、アフターケアが難しいこちらや女子に苛苛し可愛らしく怒ります。
わがままを言う時もあります。
最初はおとうさんの応対にイライラしていましたが、これは私も成長するチャンスだと考えなおし
気が利く人に生まれ変われるように、前向きにとらえて行くしかないと思いなおし
意思が楽になりました。やるしかない!!!
介護は介護浴びる本人はもちろん、介護講じる近くもとっても大変です。
も、必ずやこういう事例も何か意味があるのだと思います。
家族で力を合わせて悲しいときは愚痴をいいあって、
多少なりとも治癒できるようにしていきます!!おとうさんを助ける女子をこちらが支えて出向くことが私の職務。
今日もワンデイ家族で過ごせたことに感謝して、あすも笑顔で楽しむぞ!キレイモ無料カウンセリング