パズル誌が趣味でやってますが、得意不得意があるんですね

私はパズル誌が趣味で一年中やっているのですが、3冊ぐらいを平行してやってますね。1冊だけだと飽きてしまうので、3冊を交互にやってますね。クロスワードは勿論好きですが、間違い探しも好きです。スケルトンは簡単すぎて頭を使わないので全然面白くないですね。パクロスというパズル誌が種類が多くて面白くて毎号買ってますね。あとは間違い探し専門のと漢字系です。パクロスの中にあるので、絵の中に隠れた文字を探すというのがすごく面白いですね。あとは簡単だけど面白いのが3D画像を見て浮かび上がった絵が答えってやつです。これは簡単に出来る人といつまでたってもできない人と分かれるんです。私は最初こそコツがつかめませんでしたけど、10分ぐらいでできましたね。今ではもう数秒で浮かび上がってきます。2つの点を見てどうのこうのと解説されてますが、それにこだわってないほうがいいですね。遠くを見る感じで。人によって得意不得意があるんですね、パズル誌は。キャッシング 無利息

五輪を見たり授業をしたりしました

22シチュエーションくらいから放送されていた、リオ五輪のプランを見ていました。そのあとに、卓球の賭けがありました。卓球のシングルでした。福原愛情アスリートが出ていました。仕上がるまでさらに見ていました。ふたたび、卓球は足どりがあるので、あの速さで打てるのは凄いなと思いました。そして、習得をしました。細胞について習得をしました。20世紀の以下には、電子顕微鏡などの新しい技能がずっと開発され、細胞の活動とつくりの繊細がわかってきました。約170年齢前に提案された「細胞説」は、現在でもその正しさが一般的に認められています。ふつう人が並べる顕微鏡は、輝きを並べるので光学顕微鏡といいます。電子顕微鏡は輝きの代わりに電子線を使います。1950時ごろから細胞の探査に生きるようになりました。細胞には、からだの中でのそれぞれの活動に応じ、また生物のバリエーションにより、何だかさまざまなパターンやがたいのものがあります。勉強になりました。